CATEGORY

スクエア SQ

リッチな老後をもたらす勝ち組銘柄投資

革新的で質の高い株式を購入し、それを長期的に保有すること。これこそが、米国株投資でリッチになる王道の投資方法です。 優れた企業に投資し、その投資方針を何年も何十年も貫き通せば、かなりの確率で悠々自適の引退生活を送ることができるようになります。 豊かな未来を約束してくれる可能性の高い、5つの勝ち組銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 バークシャー・ハサウェイ(BRK.A/ […]

スクエア アフターペイ買収で高騰

投資家は、スクエア(SQ)によるアフターペイの買収を高く評価しているようで、アフターペイの株価と、そしてライバルのアファームの株価まで大幅に上昇しています。「スクエア アフターペイを290億ドルで買収」 アフターペイの株価はオーストラリア市場で20%上昇し、同社の米国預託証券は米国の取引開始時に35%上昇しました。 スクエアの株価は、11.7%上昇して276.27ドルとなっています(米国東部夏時間 […]

スクエア アフターペイを290億ドルで買収

デジタル決済アプリのスクエア(SQ)は、オーストラリアの分割払い決済会社アフターペイを290億ドルの株式で買収することを計画しています。 両社が日曜日に発表したところによると、この買収は、スクエアが顧客基盤を拡大し、加盟店の売上を伸ばすのに役立つとのこと。 アフターペイは、消費者にクレジットカードに代わる長期支払い可能な購入方法を提供しています。 スクエアは、アフターペイの「buy now, pa […]

今スクエアを買うことは、1871年のJPモルガンを買うようなもの

金融サービス大国へと変貌を遂げつつあるスクエア(SQ)を買うには、今が一生に一度のチャンスかもしれないと、MuzuhoのアナリストDan Dolev氏が主張しています。 Embed from Getty Images 「Cash Appは、究極のネオバンク、未来のマネーセンターバンクになることを目指しているのではないかと考えている。これにより、スクエアを購入することは、1871年にJ.P.モルガン […]

2030年までに5倍となる可能性を秘めた3銘柄

2030年までに投資額を5倍にしてくれる可能性を秘めた株をモトリーフールがピックアップしていましたので、ご紹介します。 テラドック・ヘルス(TDOC) パンデミック銘柄と決めつけられやすいテラドック。同社は確かに、自社プラットフォームでのバーチャル訪問が2019年の410万件から約1060万件に急増しました。しかし、これが単なる一過性の需要の高まりだと考えるのは間違いです。今はまさにパーソナライズ […]

スクエア アナリストが目標株価を引き下げ

サスケハナのアナリスト、ジェームス・フリードマン氏は6月18日、スクエア(SQ)の目標株価を引き下げることを発表しました。 スクエアは2021年、期待されていたほどの急成長は望めないかもしれないことを理由に、株価の目標値を315ドルから300ドルに引き下げています。 同社に対するポジティブな評価は維持しつつも、経営陣との会談後、スクエアの成長イニシアチブが短期的に成果を上げるとは確信できなくなった […]

スクエア 重視すべきはデジタル決済の雄としての将来性

最近、スクエア(SQ)が注目を集めることが多いのは、バランスシートにかなりのビットコインを保有していることと、Cash App(スクエアの子会社)での取引によるビットコインの収益が急上昇しているからです。 史上最高値から40%ほど下落した後も、ビットコインは2020年の年初から450%近く上昇しています。スクエアの株価がその同じスパンで約250%上昇したのも不思議ではありません。 しかし、スクエア […]

ペイパルとスクエア ビットコインをめぐって明暗別れる

決済サービスのライバル、ペイパル(PYPL)とスクエア(SQ)が暗号資産の最近の動向を受けて、その明暗が別れています。 暗号資産の弱気市場が続くと、両銘柄ともに苦戦する可能性が高くなりますが、スクエアの方がビットコインとの関連性が高いこともあって、より大きな圧力を受けることになります。 どちらの決済アプリも、暗号資産の売買や保管を容易にしています。ペイパルはアプリで複数の暗号資産を提供していますが […]

キャシー・ウッド購入 2021年に買うべき10銘柄

Insider Monkey が「10 Best Stocks to Buy in 2021 According to Cathie Wood」と題した記事を掲載しています。まるでキャシー・ウッド氏自らお奨めのベスト・ストック10みたいな書き方ですが、どうやらそうではなく、ARKの2021年第1四半期の保有株式に関する報告書「13F」を分析して、ARKが買った株に順位をつけて書いているようです。 […]

30〜50%の値上がりが期待できるハイグロース株4つ

2月から5月にかけて株価が大きく下がったハイグロース株。今も不安定な値動きを見せ、弱含みではありますが、次第に底を打ちつつある現状です。 こうしたハイグロース株に対してアナリストたちは再評価を行い、目標株価を定めています。明示はしていませんが、目標株価とは1年後の株価を指しているのが暗黙の了解。アナリストのコンセンサス目標株価が現在の株価から30〜50%高いところに設定されており、1年後にはその目 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG